ジュエリーの豆知識

もっと宝石が好きになる マメ知識

普段何気なく身に付けているリング。

その着ける手や指にそれぞれ意味があるのをご存知ですか?

その日の気分や悩みによって、位置を変えてみてはいかがですか。

 

左右にもちゃんと意味があるんです

手の左右にもちゃんと意味があります。
基本的には右手より左手にするほうがいいようです。それは、左手のほうが敏感なため。
左手で感じ、右手で表現するとか・・・。左手につけることで外的なストレスから守られ、右手につけた場合は活力をUPさせるといわれています。
また、古くより右手は「権力と権威」、左手は「服従と信頼」を表すといわれています。

 

あなたならどの指に着けますか?

小指(a little finger)

ピンキーリング チャンスや秘密の象徴。イスラム教の開祖・マホメットはいつも右手の小指にリングをしていたと伝えられています。心をリラックスさせたり、思いがけないチャンスを招く転換の指で、予知能力が身に付き直観力が鋭くなるともいわれます。
チャンスを求めるときに。

薬指(a ring finger)

アニバーサリーリング 創造を象徴。特に左の薬指は、古代エジプトより神への聖なる誓いとして命に一番近い指、そして愛の血管が心臓に直接繋がっているとされていました。薬指は10本のうちで一番動きが少なく、大切な指輪を落としにくい、という実用的な意味もあるようです。
「願いを現実のものにする」という意味があるので、伴侶がいないひとでも大丈夫です。

中指(the middle finger)

ミドルフィンガー・リング 直感、ヒラメキの象徴。また、どんな指輪も良く合い、ユニセックスに付けられるのが中指。より高いゴールを目指すとき、インスピレーションを求めるときに。
また、独身の女性は中指にはめると、魅力的になって素敵な男性をひきつけるという言い伝えがあります。
創造的な仕事をするのに大切な指なのです。

人差し指(an index finger)

インデックス・リング 人を導き教える指とされ、古代ローマ時代には海外遠征する臣下を任命するときになど、この指にリングをはめて行いました。ここに指輪を着けると活動的な自立心がつくといわれています。また、知恵そして博愛を刺激するとか。
個性的なイメージを演出するときに。

親指(the thumb finger)

この指は「自分の意思・目的を貫く」指とされ、特に右手の親指には「指導者」という意味があります。男性の方はよくここに指輪をされてますよね。また、古代ローマでは婚約指輪以外はすべてここにはめると、望みが叶うとされていました。
試してみてはいかがでしょう?

 

  • ジュエリーの豆知識
  • ジュエリーインタビュー
  • 誕生石のお話
  • リングサイズの測り方

 

Webジュエリーコラム

 

ダンサー・ダイヤモンド

 

プラザ・プリモ オンラインショップ